娘の前歯

娘の前歯

“私には6歳の娘がいます。

娘は2歳半の歯科検診で反対咬合と言われました。下の歯が上の歯より前に出てきてる為に、少し顎が前に出てきてます。そこから歯医者に通い始めました。見てくれた先生によればまだ乳歯なので下の歯4本、上の歯4本が永久歯になるまで様子を見ましょうとの事でした。生え変わりの時に元に戻るかもしれないそうです。矯正をするにしても前歯が永久歯になってからだそうです。

虫歯は無かったので3ヶ月に1回の定期検診をするようになりました。毎回歯磨きの仕方とフッ素を塗りに通いました。

最近6歳になり、下の前歯の後ろに永久歯が生えてきました。ちょっと後ろの方に生えてきてて、乳歯が抜けずに歯が二重に重なりそうでした。歯医者で見てもらった方いいかなと思い連れていきました。
そしたら、これは2本とも抜いた方がいいねと言われました。娘に
「2本とも抜いた方がいいんだって。今日1本だけでも抜いてく?」
と聞いたら
「うん」
と頷いたので先生に1本だけ抜いて下さいとお願いしました。
前もって歯抜かないといけないかもしれないからね?って伝えてはいたので、すんなり快諾してくれて助かりました。

歯茎に塗る麻酔をして、そこに次は注射の麻酔をして、見てるこっちが痛そうで辛かったです。痛いだろうし不安だろうなと思い、手を握ったら振り払われました・・・。あはは。それが一番辛かったかも。
歯が抜けるのはあっという間でした。
しかも先生抜いた歯落としてしまって、先生と看護士さんと私で歯を探すっていうシーンもあり笑ってしまいました。
無事に歯も見つかり、ちゃんと鞄にしまって歯医者をあとにしました。
娘が頑張ったので帰りにジュースを買って帰りました。

来週もう1本抜いてきます。
うまく反対咬合治ってほしいです。