友人のブティックでの楽しみ

友人のブティックでの楽しみ

9月になると朝晩が肌寒くなってきます。そのため、会社に行く時やちょっと遠出する時に、どんな服を着て行こうか迷ってしまいます。これは生活の上で、ちょっとした悩みでした。

しかし、今年はそんな悩みがなくなりました。なぜかと言うと、友人のオープンしたブティックのオープニングセールで秋用の服を大量に購入したからです。その量は、上下合わせて約20着くらいで、1週間毎日違う服を着るます。秋用の半袖からニット、スカート、ワンピース、ズボンと種類は様々で、私の予想では12月上旬までは着る服に困ることがないと予想しています。

そのお店は今年の8月下旬からオープンし、経営者は高校の時からの友人です。幸いなことに、そこの商品は全体的にあまり値段が高くなく、セール以外の商品でも、秋用の服を上下買いそろえても1万円未満で買えます。また、その友人とは昔からの付き合いというのもあって、お買い得の商品や他のお店の商品との違いなど、商品について細かく教えてくれるます。さらに、割引のクーポンもよくくれるのが、とても有難いです。

友人のお店が出来るまでは、デパートや駅ビルに入っている洋服屋さんで服を購入していました。しかし、私は店員さんに話しかけられるのが少し苦手だったので、買い物をしていても楽しくない時もありました。ですが、今では友人のお店に行けば、気楽に服選びができるので気持ち的にとても楽です。他にお客さんが来ていない時は、店内のテーブルがあるスペースでコーヒーを出してくれたりするので、ちょっとした喫茶店にいる気分も味わえます。そんな楽しみを作ってくれた友達のはとても感謝しています。