今季のフィギュアスケート

今季のフィギュアスケート

フィギュアスケート観戦(テレビで)が好きで、とくに国際的な試合を見るのが好きです。
平均年齢が低い種目で、10代半ばの選手達がおおぜい出ているので、好不調が予想できないところがあり、とくに女子はそうです。
すべての選手が才能を開花させられたらいいと思いつつ、それは絶対に不可能だと思うとせつないです・・。

今はロシアの女子選手達が次から次へと出てきていて、それはそれで見ていて楽しいのですが・・、15,6歳のロシア女子の次のシーズンがちょっと怖いです。技術的な進歩という意味ではなく、外見の変化が・・・。

欧米の人の体型変化は日本人より激しいですから・・。なので今どんなにきれいな選手達を見ても、ちょっと冷めてしまいます。こんなに早くピークがきてしまって、あとは大丈夫なのだろうかと、失礼なことを心配しています。

男子選手を見るときは、女子のときとは違う気持ちです。男子のほうがある意味安心して見ていられると言うか・・、成長期のスランプも女子よりは少ないですし。

私は男性選手のファンではないのですけど、そのためにかえって普通に見ていられるというか、勝ち負け関係なく楽しんでいます。

熱いファンはもちろんいて、追っかけみたいな人達もいます。そういう人のノリにはとてもついていけませんが、いろいろ余裕があるからできることだろうし、それはうらやましいです。

今季の注目は、浅田真央選手がどこまでできるか、です。すぐにトップになるとは思えませんが、それでももちろん見たいです。

彼氏の浴衣を勝手に買っていた友達

彼氏の浴衣を勝手に買っていた友達

これは友達の話でかなりゾッとした話です。
アラサーの友達は彼氏が半年くらいいませんでした。前の彼氏とは2ヶ月くらいでほぼ自然消滅みたいな感じで振られていました。

そんな彼女に彼氏ができたみたいなんです。久しぶりの彼氏にかなりうかれていました。しかも今はやりの年下。顔も彼女の好みのようで、毎日のように浮かれたのろけメールが届きました。

正直周りの友達みなドン引きです。
彼氏ができたのはめでたいことですが、ちょっと異常なんです。

彼女は本当に彼のことが好きというよりは、彼氏のいる自分に酔っているという感じです。
彼女はブログをやっていて、自分の生活をほぼブログに公開してしまっています。もちろん彼氏の話がそのブログに追加されました。

おそらく彼氏ができたらやりたかったこと、と思われることをかたっぱしから実行してはブログにあげています。きっと2ヶ月で別れた前の彼氏でも、こういったことがやりたかったんでしょうが、相手にされなかったんでしょうね。
正直それに付き合える今の彼氏にも疑問です。

彼氏とのイチャイチャしている写真を大量にブログに載せています。付き合ってまだ1ヶ月経っていないのにすでに半同棲状態。彼氏のために慣れない自炊をしているようですが、ブログに載せられるような内容の料理ではありません。

どうやら彼女は浴衣デートにかなり憧れているようで、浴衣を購入したこともブログに公開してました。別に自分の分を買ったというならまぁいいんですが、どうやら彼の分も勝手に購入した様子。【メンズ向け浴衣の通販】サイトを一緒に紹介してました。
そして数日後届いたと思われる浴衣を二人で着て、カメラマン?にデートの様子を写真に撮ってもらっていました。

理解不能です。百歩譲って大学生ならまだ微笑ましく見られるかと思いますが、アラサーですよ。彼女がいまだに結婚できない理由がよくわかりました。

メンズ浴衣、男性浴衣通販はこちら

権力と栄光

権力と栄光

グレアム・グリーンの『権力と栄光』を読み終えました。

グリーンについては、彼が原作を書いた「第三の男」は観たことがあったものの、彼の小説そのものを読むのはこれが初めてでした。

共産主義革命の嵐が吹き荒れるメキシコが舞台で、街にただ一人残った悪徳司祭(通称「ウィスキー坊主」)と彼を追う警部の追跡劇が物語の主軸となっています。

しかしいわゆるエンタメ的な要素はかなり削ぎ落とされており、むしろ信仰のあり方、人間にとって救済はあるのかといった、いくぶん「重い」テーマが前面に出てくるような書き方になっています。

それを反映してか情景描写もかなりドロドロしており、当時のメキシコの「臭い」が伝わってくるかのような生々しさに満ちています。

結末も決して後味がよいものではなく、このあたりのもやもや感はコンラッドの作風にも通じるところがあるように思いました。

好みのストライクをいく作風の小説では全然ありませんでしたが、それでも最後までそれなりに面白く読むことができました。

末尾に、遠藤周作とグレアム・グリーンの交友や『沈黙』がこの小説から受けた影響について書かれた小論が付録されており、かなり脱線話な感じはしましたが遠藤好きとしてなかなか面白かったです。

次にグリーンを読むことがあるとしたら、『情事の終わり』あたりにチャレンジしてみようと思っています。これは『ことの終わり』というタイトルで映画になりました。そっちは面白かったです。

銀座カンカン娘

銀座カンカン娘

部屋のWi-Fi状況がここ最近思わしくないので、音楽を再生するためにYouTubeに繋げないときが結構頻繁にあります。

本来私はCDの音源を買う派なのですが、バークレーでCDを買ってしまうと帰るときに荷物になってしまうので、インターネット上の音源に頼らざるをえない状況です。

そこで某アプリをダウンロードし、YouTubeから音楽をダウンロードすることにしました。

そうすればオフラインでも再生ができるので、Wi-Fiの環境に悩まされる必要がなくなります。

バッハやモーツァルトはもちろんのこと、私の好きな昭和歌謡の歌もダウンロードすることができました。

祖父の影響で馴染んでいた「銀座カンカン娘」、三島由紀夫のお友達だった美輪明宏の出世作「メケメケ」、個人的にはドルフターズのオリジナルを越えたように思える越路吹雪カバーの「ラストダンスは私に」などなど。
二十代でこんな音楽を聞いている人はあまりいないでしょうね。

こういうのを聴いていると、ますます日本が恋しくなってきますね。

余談ですが「銀座カンカン娘」の歌詞に「カルピス飲んでカンカン娘」とあります。

こちらでも一応カルピスは売っているのですが、商品名が「CALPIS」ではなく「CALPICO」(カルピコ)になっています。

「CALPIS」は “cow piss” (牛の小便)に音が似ているというだけ理由で名前を変えざるを得なかったのだとか。

馬鹿みたいな話ですが、本当らしいです。

家計簿をつけると節約につながりやすくなる

家計簿をつけると節約につながりやすくなる

普段家計管理の為に家計簿をつけるようにしていますが、ついたくさんのレシートを貯め込んでしまい、一か月分くらいまとめて家計簿に記入することも少なくありません。本来なら毎日の収支をきちんと把握することが理想的なのだと思いますが、なかなか難しいものです。

しかし、まとめて家計簿に記入するという完璧ではない家計簿のつけ方をしているけれど、家計簿をつけ始める前に比べるとずいぶん節約ができるようになってきたと感じます。

以前はまさしくどんぶり勘定で、なんとなくお金を使ってしまっている部分がありました。その結果貯金の一部を切り崩すことになってしまいましたが、今はある程度支出を把握し、やりくりが出来るようになっています。

節約の第一歩は、普段自分が使っている金額を知ることだと思います。無駄遣いをしていないつもりでも、改めて確認し直してみると意外と無駄な出費がたくさんあることに気付きます。

おおまかにでも出費の内容を把握しておくだけで、自然と節約意識は働くものです。そうした一日一日の積み重ねが節約につながっていくのではないでしょうか。

とはいえ家計簿をきちんとつけるのは案外大変です。最近はスマホでレシートを撮影するだけで簡単に家計簿がつけられるアプリなどもあるらしいので、手間をかけずに家計の再確認をしたい方はそういうアプリを使ってみるのもいいかもしれません。

ハイレベルな方は自分でパソコンを使って家計管理をしている場合もあるので、パソコンスキルが高い方は使いやすい家計簿を自分で作ってみても良さそうです。

悪童日記

悪童日記

アゴタ・クリストフの『悪童日記』という小説を読みました。

クリストフはもともとハンガリー出身の作家ですが、ハンガリー争乱を逃れてオーストリアへ亡命し、最終的にスイスに居を構えることになります。

彼女は母国語ではないにも関わらずフランス語で小説を書き、それが独特の味を出しています。

私はこの作家のことをつい最近まで知らなかったのですが、村上春樹がエッセイの中で彼女に言及し、かなり好意的に評していたので読んでみようという気になりました。

語り手である双子の少年「僕ら」の目を通して、戦時下のとある田舎町で寸劇のように展開される様々な事件や人間模様が、ブラックユーモアたっぷりに描かれます。

意図的に感情描写を排した文体はヴォネガットや初期の村上春樹にも似ており、あえて即物的な描写しかしないことで、風通しのよさを作品全体に与えることに成功しています。

舞台は第二次大戦下のハンガリーを模しているため、普通に小説を書いたらどうしても重々しい話になってしいます。

おまけに血なまぐさい事件や虐待、あるいは性描写もふんだんに出てきますが、それらでさえもブラックなユーモアの衣に包むことで、クリストフはリズム感と軽さを絶妙な仕方で保ち、読者を小説世界に引き込みます。

クリストフの母国語はハンガリー語なのですが、小説は主に(かなり歳を取ってから習得した)フランス語で書いており、そのために生まれるある種のぎこちなさがかえって小説を面白くしています。

これはぜひ人に薦めたいと思える小説に久しぶりに出会うことができました。

お中元やお歳暮は、通販で手間いらず!

お中元やお歳暮は、通販で手間いらず!

実家へのお歳暮は、毎年かにまみれを利用しています。なんといっても、種類が豊富で、味も間違いなしです。
毎年年末には、実家にいとこたちが集まります。その時の一年のご褒美としても大好評です。ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ・花咲ガニのセットを注文することが多いです。

なかでも、前回の毛ガニは最高でした。今まで食べた中で一番おいしかったといっても過言ではありません。解凍して食べましたが、身がぎっしり詰まっていて、質も量も味もいうことなしでした。家族やいとこの笑顔が増える瞬間でした。
カニミソは取り合いになりました。本当にそれほどおいしいのです。

かに通販というと、当たりはずれがあったらどうしようと悩む人は案外たくさんいると思います。しかし、かにまみれは期待を裏切りません。
安定した味、身もぎっしり、コストパフォーマンスも最高です。口コミを見ると、かにまみれの良さがわかると思います。

北海道のいろいろな業者を利用してきましたが、結局、かにまみれにとどまりました。お友達夫婦にお中元に送った時も、とっても感謝されます。先日は、姉夫婦の結婚記念日にも送りました。大満足してくれました。商品と一緒に、食べ方の説明用紙が入っているので、そちらも良心的だと思います。

いずれにせよ、カニをプレゼントされると嬉しいものですよね。食べたときは、思わず顔がほころびます。自分用でもいいですが、ギフトには本当におすすめです。かにまみれは、のしや名入れにも対応してくれるので、丁寧で親切です。一度、ご褒美デーに利用してみるのもいいかと思います。

私も今後も網焼きやお鍋など、いろいろな食べ方を試していきたいと思います。そして、今年も必ず利用させていただきます。

サグーライティングで稼いだお金で贅沢バーベキュー

サグーライティングで稼いだお金で贅沢バーベキュー

今日は待ちに待ったお休みの日、愛車のノートにのって、キャンプ場へレッツゴーです。

バーベキューって、場所代だけで結構お金がかかります、でも安心、なぜなら僕は、
サグーライティングでお小遣いを稼いでいるので、
今回は、サグーライティングで稼いだお金だけでバーベキューを楽しむのです!
それって何?

先ずは、食材の用意は嫁に任せて、僕は炭の火おこしを頑張るのです、もちろんビールを飲みながらです(笑)
炭にジェル状の着火剤をもりもり注いで、マッチを投げ入れてファイヤー!
さながら映画のバックドラフト状態、一瞬で火おこし完了、つまらん仕事はさっさとかた付ける主義の僕なのでした(笑)

食材は今回は豪華、大好きな野菜ばかり買ってきました、そして今回の目玉はなんと!

和牛の分厚いステーキと殻付きの牡蛎ー!

こいつらを食すべく、僕はコツコツサグーライティングでお金を稼いだわけであります。

結構な値段したので、2ヶ月はサグーライティングで仕事を頑張りました。

さあ、早く焼くんだ嫁よ!

遠火でじっくり焼きまして、先ずはステーキをがぶり!

旨い!旨すぎる!そしてビールがめちゃくちゃ旨い!
さすがは和牛の力、とろける油と柔らかい肉はなんとも言いがたい幸福をもたらしてくれます(笑)

そしてすかさず牡蛎に醤油をたらして食べましたが、やはりうまし!
サグーライティングで頑張った甲斐があったと、本当に感動の瞬間でした(笑)

無事バーベキューも終わったので、まっすぐ家に帰ろうとも思いましたが、ライティングで稼いだお金がまだ少し残っていました。

花火大会も近いし、持ち運びのできる椅子がほしかったので、帰りにホームセンターへ立ち寄り、椅子を買って帰りました。

花火大会でも豪華にやりたいので、家についたらまた、サグーライティングでお金を稼ぎたいと思います。

愛犬家にとって犬は子供なのです

愛犬家にとって犬は子供なのです

実家には犬がいます。私が学生の時に飼い始めた犬なのですが、一緒に老いていっているのでもう老犬ですね。
なのに実家に遊びに行くと元気に出迎えてくれています。いつまででも元気でいてほしいものですが、体はあまり強い方ではないので心配なんですよね。

これまでも何度か動物病院に通院しました。
家からとても遠いので、連れていくときは本当に大変でした。あの時ほど車の免許が欲しいと思ったことはないです。

私が実家を出てしまっているので、もしまたなにかあったら今度は誰が連れていくことになるんだろうと疑問に思っています。
皆働いているのでたぶん私に声がかかるような気がしているんですよね。連れいていくのはいいんですけれど実家まで遠いし、犬がかわいそうなのでなるべく体調管理をしっかりやってもらいたいです。

犬サプリを買って送ってみてもいいんですけれどね。
ここなんか、いいかなと思っています。
人間だって衰えて私もサプリを愛用していますから、犬にだって必要ですよね。
犬サプリを与えることによって健康でいてくれるのなら安いものですから、お金ならこっちが出すので母親に使ってくれと言ってみようかと考えています。

その前に愛犬家である夫の実家がすでにサプリを買っている気がしてならないので、次に家にお邪魔した時聞いてみようと思います。
私も愛犬家ですが、夫の実家はもっともっと愛犬家ですからね。絶対買っていると確信しています。
姑が息子みたいなものだと言って餌も高額なものを与えていますし、お金をかけて大事にしています。姑の財力でできるすべてのことをやってあげているんじゃないですかね。

サプリをあげてみて実際のところ効果はあるのか、どこの商品を買っているのか詳しくお話を聞く予定です。
犬のために労力を惜しみませんから、きっと最も評判の良い商品を与えているはずなんですよね。効果が期待できるなら同じものを実家に送ってあげるつもりでいます。

ポケモンピクロスのダウンロードができなかった

ポケモンピクロスのダウンロードができなかった

 ニンテンドー3DSのお知らせ機能で「ポケモンピクロス」という無料ゲームが配信されると知りました。
任天堂はそうして無料ゲームをよく配信しているので、知らせを受けるとその都度ダウンロードして遊ぶようにしています。最近は「立体ピクロス2」というピクロスの体験版をプレイしておもしろいと思った影響もあり、立体ではないですがそのポケモンピクロスに興味を持ちました。

 そこでさっそくダウンロードをしてみようと専用サイトにアクセスを試みたのですが、何度やってもつながりませんでした。1度2度あることは珍しくないのかもしれませんが、何度もつながらないのはおかしいと感じました。

そのとき「このタイミングでニンテンドー3DSが壊れてしまったのか」とガッカリしたのですが、エラーコードが知らされていたのでそれをもとにネットで調べてみました。

 すると、ちょうど私が接続しようとしたタイミングでネットワーク障害が起きているとわかりました。つまり、私のニンテンドー3DSに問題があったというわけではなく、ネットワークトラブルだったのです。
このネットワークトラブルはヤフーニュースでも取り上げられていたくらいで、なかなかの大ごとだったのだと知りました。

 まさかそんなことになっているなんてこちらとしては想像もしていませんでしたが、復旧さえすれば問題なくダウンロードができるはずです。ですので、気を取り直してもう一度ダウンロードにチャレンジしたいですし、ゲームをプレイするのが楽しみです。